ATH-AP2000Ti レビュー 【オーディオテクニカ】

本日は、オーディオテクニカが誇る超高解像ヘッドホン、ATH-AP2000Tiのレビュー記事になります。

※このページの情報は執筆時かつ、一般人の筆者の主観的レビューになります。

ATH-AP2000Ti の主な仕様

  • メーカー:オーディオテクニカ
  • メーカーの国:日本
  • 発売時期:2018年
  • 定価or初期値:15万円前後
  • 実売価格帯:9万円前後
  • 開放型or密閉型:密閉型
  • 駆動方式:ダイナミック型
  • インピーダンス:44Ω
  • 音圧感度:100dB/mW

 ※インピーダンスが高く 音圧感度が低いほど、鳴らしにくい(アンプ食い)です。逆にインピーダンスが低く 音圧感度が高いほど、ホワイトノイズ等 上流機器のノイズが聴こえやすくなります。

  • ケーブルの有無:有線
  • ケーブルの長さ:1.2m/3m
  • ケーブルの脱着:可能・A2DCコネクター
  • 重量:300g

スポンサーリンク

ATH-AP2000Ti の音質評価(五つ星制)

解像度:☆☆☆☆☆

クリア感:☆☆☆☆☆

音圧・力強さ:☆☆☆

スピード感:☆☆☆☆

艶・色気:☆☆

音の暖かさ:☆☆

音場の広さ:☆☆☆☆

音量の取れやすさ:☆☆☆

サタ行の質感:☆☆

 ※サタ行の質感は☆が多いほど刺さらないという評価です。

高音の音質:☆☆☆☆☆

高音の伸び:☆☆☆☆☆

中音の音質:☆☆☆☆☆

ボーカル:☆☆☆☆

低音の音質:☆☆☆☆☆

低音の締まり:☆☆☆☆

高音の量:☆☆☆☆

中音の量:☆☆☆☆

低音の量:☆☆☆

ATH-AP2000Ti の音質以外の評価(五つ星制)

側圧の適度さ:☆☆☆☆

装着感(耳):☆☆☆☆

装着感(頭頂部):☆☆☆☆

メガネのつる耐性:☆☆☆

 ※上記4項目は☆が多いほど長時間聴いても痛くならない、疲れないという評価です。

音の遮断性:☆☆☆☆

音漏れ:☆☆☆☆

携帯性:☆

ATH-AP2000Ti の音質の特徴

ATH-AP2000Ti は解像度がとても高く、クリア感が抜群です。

低音はタイトでキレがあり、中高音の解像度や伸びは極上です。

解像度が非常に高いこともあり、ボーカルは驚くほど生々しいですが、艶や暖かみはあまりなく、クールな感じがします。

音場は密閉型にしては広く感じられます。低音の量が多くないため迫力こそ控えめですが、ATH-AP2000Tiで聴くオーケストラは楽器の分離が良く、個人的には気に入ってます。

解像度がかなり高く、キレが良いので、メタルやハードロックもスピーディーに気持ちよく聴けてます。(オーケストラと同じく迫力は控えめです)

アコースティック系楽器の音もリアル感がハンパではなく、一級品の音を奏でてくれてます。

執筆時の価格帯(新品8万円台)で、クールでキレのある密閉型高解像ヘッドホンとしては、かなり秀逸なヘッドホンと個人的には思っています。

ATH-AP2000Ti のマイナスになりうる要素

  • 初期の価格帯(約15万円)で考えるとコスパは良くない
  • クールな音なので、艶や色気、暖かい音、パンチのある熱い音、などを求めるとガッカリする可能性がある
  • リケーブル可能だけど、コネクタは特殊

ATH-AP2000Ti のまとめ

ATH-AP2000Ti の特徴まとめ

  • クリア感が極上
  • 解像度が高く、高音の伸びも抜群
  • キレキレのクールなサウンド
  • ボーカルは驚くほど生々しい
  • リケーブルで音の変化を楽しめる
  • シープスキンのイヤーパッドは装着感が絶妙
  • 新品8万円台なら、音質・品質ともに高コスパ

関連記事

ETHER C Flow 1.1 レビュー 【MrSpeakers (ミスタースピーカーズ)】

CASCADE (カスケード) レビュー 【Campfire Audio (キャンプファイヤー オーディオ)】

AKG K812 レビュー 【AKG (エーケージー/アーカーゲー)】

CHORD QBD76HD レビュー【ゴージャスで滑らかなDAC】

Cocktail Audio X50D レビュー【超高音質HDDオーディオサーバー兼ネットワークプレイヤー】

B&W 706 S2 レビュー【購入→開封画像→50時間後の音質】

error: 右クリックはできません。