【PS4】保証切れ旧型を実質2500円で新品に買い替えた方法

【PS4】保証切れ旧型を実質2500円で新品に買い替えた方法

このページでは、保証切れ旧型PS4本体を実質2500円
【新品】に買い替えた方法、をご紹介します。

PS4旧型を実質2500円で新品に買い替えた方法

購入後1年以上のメーカー保証切れ旧型を新品にチェンジ

購入後1年以上経ちメーカー保証が切れたPS4本体(CUH-1100AB02)を
実質2500円新品の後継機CUH-1200AB01】に買い替えた方法になります。

※この場合、換装用SSDを持っていて内蔵HDDを売る金額を入れた計算になります。
換装用SSDがない場合だと「実質7000円で新品に買い替えた方法」ということになります。

1年ごとにPS4本体を更新するとメーカー保証が永続

今回の方法では1年以上使い倒した旧型が、(外観や箱など付属品は全て綺麗)
実質2500円で新品の後継機になりメーカー保証が復活するお得な方法です。

この方法で1年ごとにPS4本体を買い替えると、メーカー保証を常にキープできます。

事実上、永久保証状態になります。

PS4本体を実質2500円で新品に買い替えた実際の流れ

①新品の本体を安く買う

  • 金額が大きいのでポイント10倍以上の時を狙う
  • 私の場合この時は【PS4本体(CUH-1200AB01)】の値段は36500円
  • 私の場合、ポイントを4000円分獲得=PS4本体は実質32500円

※ポイントの倍率は非常に大きいので、タイミングを見計らって20倍の時に購入するのが最善ですね。 

例えば、PS4本体が30000円でポイント20倍で購入するとポイントが6000円分付くので、
実質24000円という格安価格で新品のPS4本体を購入可能です。

②旧型「CUH-1100AB02」をヤフオクに出品

この時の私の場合、PS4本体「CUH-1100AB02」をヤフオクに最低落札価格28000円
出品したところ、28000円で落札されました。

※16年現在、ヤフオクは手数料8.64% 掛かります。落札額が28000円の場合約2500円です。

③新型PS4本体の内蔵HDDをヤフオクに出品

  1. 新型PS4本体到着後、電源をオンにする前に内蔵HDD外す
  2. 「CrystalDiskInfo」でHDDのデータを表示して【未使用新古品】としてヤフオクに出品
  3. 私の場合、この時は4500円で落札される

結果:本体代と同じ36500円が手元に戻る

ここまでの一連の流れで、獲得したポイントとヤフオクでの落札額の合計で新型PS4本体の購入価格と同じ36500円が手元に戻っています。

戻って来た金額をまとめると以下のようになります。

  1. 獲得ポイント4000円分
  2. 旧型PS4落札代金28000円
  3. 内蔵HDD落札代金4500円
  4. 合計36500円が手元に戻ってきた

かかった金額はヤフオク手数料の2500円のみ

今回、PS4本体を新品に買い替え際にかかった金額はヤフオク手数料8.64%のみでした。

落札額が28000円の今回は約2500円です。

ちなみにポイントの倍率がもっと良い時に購入すれば、
「実質無料でPS4本体を新品の新型に交換」というのも夢ではないですね。

PS4本体を実質2500円で買い替えた方法の まとめ

  • PS4本体購入は最安かつポイント10倍以上を狙う
  • クーポンを活用できれば、さらに良い
  • 旧型のPS4本体ををヤフオクで売る
  • 内蔵HDDは通電前に外せば新品並みの値段で売れる
  • 実質2500円で新品になり、メーカー保証が復活

以上が、【PS4】保証切れ旧型を「実質2500円で新品に買い替えた方法」になります。

関連記事