MDR-Z7M2 レビュー 【SONY】

本日は、SONYのリスニングヘッドホンの名機 MDR-Z7M2 のレビュー記事をご紹介します。

※このページの情報は執筆時かつ、一般人の筆者の主観的レビューになります。

SONY MDR-Z7M2 の主な仕様

  • メーカー:SONY
  • メーカーの国:日本
  • 発売時期:2018年
  • 定価or初期価格帯:6万5千円前後
  • 実売価格帯:6万円~6万5千円
  • 開放型or密閉型:密閉型
  • 駆動方式:ダイナミック型
  • インピーダンス:56Ω
  • 音圧感度:98dB/mW

 ※インピーダンスが高く 音圧感度が低いほど、鳴らしにくい(アンプ食い)です。逆にインピーダンスが低く 音圧感度が高いほど、ホワイトノイズ等 上流機器のノイズが聴こえやすくなります。

  • ケーブルの有無:有線
  • ケーブルの長さ:1.2m
  • ケーブルの脱着:可能
  • 重量:340g

スポンサーリンク

SONY MDR-Z7M2 の音質評価(五つ星制)

解像度:☆☆☆☆☆

クリア感:☆☆☆☆

音圧・力強さ:☆☆☆

スピード感:☆☆☆

艶・色気:☆☆☆

音の暖かさ:☆☆☆

音場の広さ:☆☆☆

音量の取れやすさ:☆☆

サタ行の質感:☆☆☆☆

 ※サタ行の質感は☆が多いほど刺さらないという評価です。

高音の音質:☆☆☆☆

高音の伸び:☆☆☆

中音の音質:☆☆☆☆☆

ボーカル:☆☆☆☆

低音の音質:☆☆☆☆

低音の締まり:☆☆☆☆

高音の量:☆☆☆☆

中音の量:☆☆☆☆

低音の量:☆☆☆☆

SONY MDR-Z7M2 の音質以外の評価(五つ星制)

側圧の適度さ:☆☆☆☆☆

装着感(耳):☆☆☆☆☆

装着感(頭頂部):☆☆☆☆

メガネのつる耐性:☆☆☆☆

 ※上記4項目は☆が多いほど長時間聴いても痛くならない、疲れないという評価です。

音の遮断性:☆☆☆☆

音漏れ:☆☆☆☆

携帯性:☆☆

SONY MDR-Z7M2 の音質の特徴

SONY MDR-Z7M2 は全てにおいてハイレベルな優等生という感じです。

解像度は十分に高く、低域はタイトですがそこそこパンチもあります。

高域の伸びはそれほど感じませんが、高域の解像度も高いと思います。

クラシック、ジャズ、ポップス、アカペラ、ロック、どのジャンルを聴いても気持ちよく楽しく聴けます。

突出した特徴がないと言えなくもないですが、自分からすると、MDR-Z7M2 は至極の装着感も含めて「弱点がないほぼ完璧なヘッドホン」と思えます。

SONY MDR-Z7M2 のマイナスになりうる要素

  • 短所がない反面、秀でた長所もない
  • 秀でた長所を持つライバルヘッドホンが多いこともまた事実

SONY MDR-Z7M2 のまとめ

SONY MDR-Z7M2 の特徴まとめ

  • 高水準な万能ヘッドホン
  • 十分に高い解像度
  • 聴き疲れしない絶妙なチューニング
  • パーフェクトな装着感
  • リケーブルで音の変化を楽しめる

関連記事

CASCADE (カスケード) レビュー 【Campfire Audio (キャンプファイヤー オーディオ)】

ATH-AP2000Ti レビュー 【オーディオテクニカ】

AKG K812 レビュー 【AKG (エーケージー/アーカーゲー)】

SRH1540 レビュー 【Shure (シュア)】

ETHER C Flow 1.1 レビュー 【MrSpeakers (ミスタースピーカーズ)】

Cocktail Audio X50D レビュー【超高音質HDDオーディオサーバー兼ネットワークプレイヤー】

B&W 805D レビュー【鮮烈な解像度と滑らかな美音のシャワー】

error: 右クリックはできません。