WH-1000XM3 レビュー【SONY】

今回は、ノイズキャンセリングが秀逸な、ワイヤレスヘッドホン SONY WH-1000XM3 のレビュー記事をご紹介します。

※このページの情報は執筆時かつ、一般人の筆者の主観的レビューになります。

WH-1000XM3 の主な特徴

  • メーカー:SONY (ソニー)
  • メーカーの国:日本
  • 発売時期:2018年
  • 定価or初期値:40000円前後
  • 実売価格帯:2万5千円~3万円
  • 開放型or密閉型:密閉型
  • 駆動方式:ダイナミック型
  • インピーダンス(有線接続、POWER ON時):47Ω
  • 音圧感度(有線接続、POWER ON時):104.5dB/mW
  • インピーダンス(有線接続、POWER OFF時):16Ω
  • 音圧感度(有線接続、POWER OFF時):101db/mW

 ※インピーダンスが高く音圧感度が低いほど、鳴らしにくい(アンプ食い)です。逆にインピーダンスが低いほど、ホワイトノイズ等が聴こえやすくなります。

  • ケーブルの有無:無線(Bluetooth)、及び有線
  • ケーブルの長さ:1.2m
  • ケーブルの脱着:可能・3.5mmステレオミニ
  • 重量:255g
  • 充電時間:約3時間
  • 電池持続時間(連続音声再生時間) :最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)

スポンサーリンク

WH-1000XM3 の音質評価

解像度:☆☆☆

クリア感:☆☆☆

音圧・力強さ:☆☆☆

スピード感:☆☆

艶・色気:☆☆☆

音の暖かさ:☆☆☆

音場の広さ:☆☆☆

音量の取れやすさ:☆☆☆☆

サタ行の質感:☆☆☆☆

 ※サタ行の質感は☆が多いほど刺さらないという評価です。

高音の音質:☆☆☆

高音の伸び:☆☆☆

中音の音質:☆☆☆

ボーカル:☆☆☆☆

低音の音質:☆☆☆

低音の締まり:☆☆☆

高音の量:☆☆☆☆

中音の量:☆☆☆☆

低音の量:☆☆☆☆

※評価はワイヤレス時です。

WH-1000XM3 の音質以外の評価

側圧の適度さ:☆☆☆☆☆

装着感(耳):☆☆☆☆☆

装着感(頭頂部):☆☆☆☆

メガネのつる耐性:☆☆☆☆

 ※上記4項目は☆が多いほど長時間聴いても痛くならない、疲れないという評価です。

音の遮断性:☆☆☆☆☆

音漏れ:☆☆☆☆

携帯性:☆☆☆☆☆

WH-1000XM3 の音質の特徴

WH-1000XM3 はノイズキャンセリング機能が秀逸で、電車内など騒音のある環境でも、高音質な音楽を聴くことができます。

ワイヤレスとは思えないほど、楽器の音はとても心地よく響き、ボーカルも美しく聴こえます。

電車内で目を閉じて音楽に浸っていると、コンサートホールにいるような錯覚を覚えます。

WH-1000XM4と似ていますが、WH-1000XM4の方が明らかに上という差は感じません。

予算次第では無理にWH-1000XM4にしなくても、音質的にも機能的にもWH-1000XM3で十分に満足できると、個人的には感じます。

WH-1000XM3 の有線接続について

WH-1000XM3 を有線接続にすると、Bluetooth接続による不安定さが完全に排除されて、動作が安定します。音質自体の向上はあまり期待しない方がいいかもしれません。

WH-1000XM3 のマイナスになりうる要素

  • 同価格帯の有線機には、音質では及ばないと感じるケースも多々ある
  • ノイズキャンセリングON時は、外界の突発的な大きな音でノイズが乗ることがある

WH-1000XM3 のおすすめ度&まとめ

WH-1000XM3 のおすすめ度:☆☆☆☆☆

実売3万円以下のノイズキャンセリング+ワイヤレスヘッドホンでしたら、WH-1000XM3 が最もおすすめできます。

WH-1000XM3 の特徴まとめ

  • 無線でも有線でも使用可能
  • 長時間使用しても疲れにくい装着感
  • ワイヤレスにして美しい音楽が聴ける
  • 秀逸なノイズキャンセリングによって電車内がコンサートホールに早変わり
  • 電車通勤・通学用途ではWH-1000XM3を選択して間違いない

関連記事

WH-1000XM4 レビュー【SONY】

CASCADE (カスケード) レビュー 【Campfire Audio (キャンプファイヤー オーディオ)】

ETHER C Flow 1.1 レビュー 【MrSpeakers (ミスタースピーカーズ)】

SRH1540 レビュー 【Shure (シュア)】

Sound Reality ATH-SR9 レビュー 【オーディオテクニカ】

beyerdynamic DT 990 PRO レビュー 【ベイヤーダイナミック】

MDR-Z1000 レビュー【SONY】

SENNHEISER HD25 レビュー 【ゼンハイザー】