HPH-MT8 レビュー 【ヤマハ】

本日は、ナチュラルなモニターヘッドホン、ヤマハ HPH-MT8 のレビュー記事になります。

※このページの情報は執筆時かつ、一般人の筆者の主観的レビューになります。

スポンサーリンク
 

ヤマハ HPH-MT8 の主な仕様

  • メーカー:ヤマハ
  • メーカーの国:日本
  • 発売時期:2016年
  • 定価or初期価格帯:3万円前後
  • 実売価格帯:2万5千円前後
  • 開放型or密閉型:密閉型
  • 駆動方式:ダイナミック型
  • インピーダンス:37Ω
  • 音圧感度:102dB/mW

 ※インピーダンスが高く 音圧感度が低いほど、鳴らしにくい(アンプ食い)です。逆にインピーダンスが低く 音圧感度が高いほど、ホワイトノイズ等 上流機器のノイズが聴こえやすくなります。

  • ケーブルの有無:有線
  • ケーブルの長さ:1.2m
  • ケーブルの脱着:可能
  • 重量:350g

ヤマハ HPH-MT8 の音質評価(五つ星制)

解像度:☆☆☆☆

クリア感:☆☆☆☆

音圧・力強さ:☆☆

スピード感:☆☆

艶・色気:☆☆☆

音の暖かさ:☆☆☆

音場の広さ:☆☆☆☆

音量の取れやすさ:☆☆☆

サタ行の質感:☆☆☆

 ※サタ行の質感は☆が多いほど刺さらないという評価です。

高音の音質:☆☆☆☆

高音の伸び:☆☆☆

中音の音質:☆☆☆☆

ボーカル:☆☆☆☆

低音の音質:☆☆☆☆

低音の締まり:☆☆☆☆

高音の量:☆☆☆☆

中音の量:☆☆☆☆

低音の量:☆☆☆

ヤマハ HPH-MT8 の音質以外の評価(五つ星制)

側圧の適度さ:☆☆☆

装着感(耳):☆☆☆☆

装着感(頭頂部):☆☆☆

メガネのつる耐性:☆☆☆

 ※上記4項目は☆が多いほど長時間聴いても痛くならない、疲れないという評価です。

音の遮断性:☆☆☆☆

音漏れ:☆☆☆☆

携帯性:☆☆

ヤマハ HPH-MT8 の音質の特徴

ヤマハ HPH-MT8 は解像度が高く、空間表現も十分に感じられるナチュラルなモニターヘッドホンです。

クリア感も高く、非常にナチュラルで素直な、綺麗な音がします。

低音が強めのSONY Z1000やShure SRH1540 辺りと比較すると低音は弱めで、HPH-MT8の方がフラットです。

モニターヘッドホンにしては無機質過ぎず、ナチュラルな色艶を感じます。

普段あまりないことですが、HPH-MT8で聴いたアカペラで鳥肌が立ちました。

ヤマハ HPH-MT8 のマイナスになりうる要素

  • ナチュラルゆえに、アグレッシブさや熱さは控えめ
  • ナチュラルゆえに、突出した個性はない
  • 装着感は悪くないけど重量は正直重い

ヤマハ HPH-MT8 のおすすめ度&まとめ

ヤマハ HPH-MT8 のオススメ度:☆☆☆

HPH-MT8は高解像かつナチュラルなサウンドが好きな方にはリスニング用としてもオススメです。

一方で、キラキラした高音、とんでもない音圧の低音、超絶高解像度、など一芸に秀でた個性派ヘッドホンをお探しの方は比較視聴をオススメします。

ヤマハ HPH-MT8 の特徴まとめ

  • 価格帯において高水準な音質
  • ナチュラルなモニターサウンド
  • リケーブルで音の変化を楽しめる
  • 世界のヤマハのヘッドホンという信頼感

関連記事

CASCADE (カスケード) レビュー 【Campfire Audio (キャンプファイヤー オーディオ)】

ETHER C Flow 1.1 レビュー 【MrSpeakers (ミスタースピーカーズ)】

Sound Reality ATH-SR9 レビュー 【オーディオテクニカ】

AKG K712 PRO レビュー 【AKG (エーケージー/アーカーゲー)】

SENNHEISER HD650 レビュー 【ゼンハイザー】

Victor HA-MX100V レビュー 【JVC】

MDR-Z1000 レビュー【SONY】