GTX1070+M.2 SSD搭載ゲーミングノートPC OMEN レビュー

GTX1070+M.2 SSD搭載ゲーミングノートPC OMEN レビュー

2017年7月下旬、個人的に人生初ゲーミングノートPC
GTX1070搭載「OMEN by HP 17-w204TX」が到着しましたが、
映像の滑らかさがいい感じです。

そこで、このページでは触り程度にプレイしたGTA4と5の画質が滑らかで凄かった「OMEN by HP 17-w204TX」の外観写真やファーストインプレッション(第一印象)のレビューを書いてみます。

HPのゲーミングノートPC「OMEN by HP 17-w204TX」の第一印象レビュー

シンプルかつコンパクト

ディスプレイが大型の17インチにしては非常にコンパクトで薄く、ゲーミングPCとは思えないほどシンプルな印象です。

高性能なゲーミングノートPCですが、全然ゴッツくないので、ゲームをやらず高性能ノートPCが欲しい方にも最適なノートPCではないでしょうか。

アダプターは弁当箱級の超特大!

アダプターは弁当箱級の超特大サイズです。

こんなに大きいアダプターは見たことありません(笑)

12V 1.5Aのアダプターと並べると差が凄いです。

第一印象で気づいた「OMEN by HP」の他PCと大きく異なった点

一般的なFキーは「FNキー」との同時押し

「OMEN by HP 17-w204TX」では一般的なFキーは「FNキー」との同時押しで使用するスタイルとなっています。※変更可能です。

Fキー単独押しではディスプレイの出力切り替えや明るさ調整、音楽再生時のコントロールなどが割り当てられてます。

キーボード自体に分かりやすい絵が付いてるので、私は何度かいじってる内に、あっという間に直感的に操作できるようになりました。

F5キーでキーボードライト点灯

F5キーはキーボードライトのオン/オフ ボタンになってます。

このキーボードライトは一見派手ですが、使ってみると目に優しい印象です。

夜に電気を消して使ってみましたが、部屋が暗くてもキーボードをハッキリと認識でき、それでいて目にチカチカしないレッドライトですね。

「OMEN by HP 17-w204TX」ディスプレイ オンの画像

「OMEN by HP 17-w204TX」のディスプレイは17.3インチ・IPS・ノングレア・フルHDです。

キーボードライトをオンにして赤く光ると一気にゲーミングPCっぽくなりますね。

シンプルなマッドブラック系のボディーにレッドライトが映えます。

【正面からの画像】

【斜めからの画像】

【冷却パッドの上に乗せ、スピーカーをサイドに置いた画像】

【ケーブル類を接続した実際の使用環境】

※画面内の白い丸はカメラのフラッシュです。撮影が下手で申し訳ないです。

「OMEN by HP 17-w204TX」は箱のまま配送

「OMEN by HP 17-w204TX」パッケージの箱のまま配送されますので、箱は傷だらけで来ると思っておいたほうがいいと思います。

外箱は開封後は物置へ行き、故障時か売る時までお目にかかることはないと思うので、個人的にはこの軽装スタイルで全然OK派です。

【箱 裏面 画像】

保証書や納品書は箱の裏面に直に張られています。

【箱 正面 画像】

擦り傷がたっぷりあります(笑)

オールカラー248ページもの「神本」が付属!

「パソコンの使い方 大百科」とも言えそうな、本屋さんで数千円クラスで売っていそうな
オールカラー248ページもある物凄いボリュームの本が付属していました。

PC使用時に必要な知識や方法が凄く分かりやすく丁寧に書かれています。

「OMEN by HP 17-w204TX」でのPCゲーム

一通り設定し終えたところで、いくつかPCゲームソフトを購入してみました。

SteamやらOriginやら、最初は何のこっちゃサッパリ分からなかったですが、苦戦しながらもプレイまでたどり着きました(笑)

※Steamの登録がスムーズにいかず、Steamの登録だけで2時間以上かかりました。

私は初Steam、初Originでしたが、PCゲーム版「itunes」みたいな感じなんですね。

夢だった(笑)GTA4を少しやりましたが、PS4のGTA5をプレイした者としては第一印象は(当たり前ですが)ちょっと古く感じましたね。

しかし、グラフィックに着目すると、細部にキメ細かさを、全体に滑らかさを感じ
「OMEN by HP 17-w204TX」(GTX 1070)のポテンシャルの片鱗を感じたので、
PS4で5周以上プレイしているGTA5も購入しプレイしてみました。

「OMEN by HP 17-w204TX」でやるGTA5はPS4とはケタ違いの美しさと滑らかさ

これは私にとっては大げさではない表現です。

まずプレイ開始直後から明らかにキメ細かく美し過ぎると感じたのは、
水のグラフィックです。

水溜まりの水面や、水の跳ね返りが異次元の美しさです。

正直、今まで肉眼で見たどの水よりも美しく感じます(本当に)

その他の目に見えるもの ほぼ全てがPS4とPS4 PRO以上のキメ細やかな美しさです。

砂とか太陽光や影なども とんでもない綺麗さです。

「1070+G-SYNC」で真の「ヌルヌル」!?

映像の滑らかさに関しても、「OMEN by HP 17-w204TX」はPS4 PRO以上の滑らかさを実感できます。

PS4からPS4 PROに移行した時は「ヌル」っていうよりは「もわん」って感じで若干モッサリしたように感じました。

しかしGTX 1070NVIDIA® G-SYNC™「OMEN by HP 17-w204TX」では、先人の方々がヌルヌルと表現するのがよく分かる、まさに滑らかなヌルヌルさでした。

ゲーミングPCの美しさ恐るべし!です。

これでもリフレッシュレート75Hz、フルスクリーン、フルHDの設定ではプレイ中のフレームレートの実測値は90~150辺りを行き来してます。街中でも100を超えてることが多いです。

144Hzだとどんだけ滑らかなのか、4Kだとどんだけ美しくなるのか、ゲーミングPCは底知れないポテンシャルですね。

ウィッチャー2が300円以下(2017年7月20日時点のG2A,com)で購入できたり、
ケタ違いに美しかったりゲーミングPCとPCゲームの世界はヤバすぎです。

以上が個人的に初のゲーミングPC「GTX 1070+NVIDIA® G-SYNC™」搭載のHP製ゲーミングノートPC「OMEN by HP 17-w204TX」のファーストインプレッションレビューになります。

関連記事