【仁王】番札「い・ろ・は」の場所 サブミッション「名匠の行方」動画あり | ゲーム考察

【仁王】番札「い・ろ・は」の場所 サブミッション「名匠の行方」動画あり

仁王の東海編サブミッション「名匠の行方」では番札3つを入手しないと先へ進めません。

しかし、その番札「い・ろ・は」の場所は中々分かりにくいので「い・ろ・は」の場所を動画付きでご紹介します。

スポンサーリンク

サブミッション「名匠の行方」の「い・ろ・は」の場所

「い」の場所:1階右側の温泉内の「妖鬼」

まずはミッション開始地点から進んで右側のドアを開けて入ると、忍者の敵が降りてきて戦闘になります。

その忍者を倒して先へ進むと温泉があります。

温泉の中の左側にまた忍者が待機しているので、クナイなどで先に倒しておくと安全です。

温泉の中心に近づくと「妖鬼」が出現します。

その「妖鬼」を倒すとの番札を入手できます。

「ろ」の場所:2階左奥の温泉脇の大入道

次はの番札の場所ですが、ミッション開始地点から見て左奥の階段を上がって2階に出たすぐの所にある「木箱」↓を破壊して中に入ります。

中を進むと、1つ目の温泉で「小海坊主」が2体出現するので倒します。

2つ目の部屋に進んで奥の階段の辺りに近づくと「大入道」が出現します。

「大入道」を倒すとの番札を入手できます。

「は」の場所:中央の吹き抜けの下の段の柱(木の細い道)

最後のの番札の場所は、中央の吹き抜けにある柱の道の下の段に落ちています。

先ほどの「ろ」の木箱の辺りから中央の内部(柱)に降りれるようになっています。

降りれる場所に近づくと敵が1体出てくるので倒してから降ります。

降りると右斜め前方と下の段に敵がいるので2体をクナイなどで倒しておくとスムーズにいけます。

降りた地点のすぐ左に、下の段に降りれる場所があるので下の段に降ります。

※この細い柱の道は慣れないうちは走ると落ちやすいですが、ゆっくり歩くと落ちにくいです。

下の段に降りると普通のアイテムのようにの番札が落ちています。

「い・ろ・は」を入手したら最下層へ

の番札が揃うと中央の最下層のドアを開けられます。

そして、その先で「鳥天狗と一反木綿」との2体同時のボス戦になります。

最後にサブミッション「名匠の行方」番札「い・ろ・は」の場所の動画をご紹介します。

「名匠の行方」番札「い・ろ・は」の場所の動画

関連記事