PS4本体乗り換えの準備【システム再インストール用ファイルをDL】

PS4本体乗り換えの準備【システム再インストール用ファイルをDL】

新品のPS4本体を買って乗り換える時や、PS4本体の内蔵HDDやSSDを交換して新たにシステムをインストールする時に必要となる「システムソフトウェア再インストール用アップデートファイル」を準備する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

用意するもの

  • ネットに繋がるパソコン
  • FAT32にフォーマットしてあるUSBメモリor外付けHDDなどの「USBストレージ機器」

※USBメモリは大抵FAT32になっているのでUSBメモリがオススメです。

FAT32にフォーマットする方法

USBストレージ機器がFAT32になっていない場合はPCのエクスプローラーから

  • 「PC」を左クリック
  • 「使用するストレージ(USBメモリor外付けHDD)」にカーソルを合わせて右クリック
  • 「フォーマット」を左クリックします。

次はファイルシステムを「FAT32」にして「開始」をクリックするとFAT32にフォーマットされます。

スポンサーリンク

USBストレージ機器にフォルダーを作成

まずは専用のフォルダーを作成します。

用意したUSBメモリor外付けHDDなどの「USBストレージ機器」をパソコンに繋ぎます。

「USBストレージ機器」の中に「新しいフォルダー」を作り、フォルダーの名前を「PS4」にします。(画像はWindows8.1です)

「PS4」フォルダーの中に「新しいフォルダー」を作り、フォルダーの名前を「UPDATE」にします。

※新しくPS4フォルダーを作った時は上記画像の「SAVEDATA」と「SHARE」のフォルダーはありません。

アップデートファイルダウンロードの手順

フォルダーを作ったら、再インストール用の「アップデートファイル」をダウンロード、保存します。

まずはソニー公式HPの「PS4システムのソフトウェア アップデート」のページへ行きます。

ページ中段の「アップデート方法」「パソコン経由でのアップデート」をクリックします。

開いたページ「パソコン経由でのアップデート」「アップデート(システムソフトウェアを再インストール)」をクリックします。

「アップデートファイル(再インストール用)ダウンロード」をクリックして、次にページ下部に出てくる「保存」の右側の「▼マーク」をクリックし、「名前を付けて保存」をクリックします。

(※Windows8.1での保存方法になります)

「PC→USBストレージ機器→PS4→UPDATE」の順でフォルダーを開き「保存」をクリックして完了です。

これでPS4の「システムソフトウェア再インストール用アップデートファイル」のダウンロードが完了となります。

このアップデートファイルがあるとHDDやSSD新しいPS4で使用することができるようになりますので準備OKです。

関連記事

【Fallout 76】2018年11月15日発売