【PS VR】徹底解説!226インチの大画面+バーチャルサラウンド!

【PS VR】徹底解説!226インチの大画面+バーチャルサラウンド!

【PS VR】(PlayStation VR)でバーチャル体験ができると話題沸騰中です。

その【PS VR】の気になるところを徹底解説いたします。

徹底解説【PS VR】とは?

226インチ相当の大画面!

目の前に226インチ相当の美しい映像を映し出します。

頭に装着して見るタイプのヘッドセット

あらゆる頭の形や大きさに柔軟にフィットする「頭に装着して見るタイプ」のヘッドセット

です。

メガネをかけたままでOK!

メガネ使用を想定した形になっています。

PS VRのスコープからはみ出さなければ基本OKとのことです。

【PS VR】の対応ソフトは?

  • PS VR専用ソフト
  • PS VR対応のPS4のゲームソフト(専用ではなく兼用タイトル)

対応ではないけどPS VRの大画面で見れるソフト

  • 普通のPS4のゲームソフト
  • 映像用ブルーレイディスク(音楽ライブ、映画、ドラマなど)

【PS VR】のここが凄い!

360度全方向の大迫力3D空間

解像度:1920×1080 (左右それぞれの目に960×RGB×1080) 

の映像を表示する圧巻の映像体験ができます。

バーチャルサラウンド

3Dオーディオプロセッシングにより
臨場感たっぷりの音に包み込まれます

120fps】(毎秒120コマ)

120fps究極に滑らかな映像です。

※アップデートで全てのソフトが120fps可能とのことです。

226インチの元は【有機ELディスプレイ】

5.7インチの有機ELディスプレイ(OLED)搭載です。

9つのLEDで遅延を低減

9つの光るLEDがVRヘッドセット前面についており、

PlayStation®Cameraが正確に感知します。

【PS VR】の特徴!

シネマティックモード

映像用のBD(ブルーレイディスク)ソフトを226インチ相当で見れます。

BDの音源(LPCM2ch, 5.1ch, 7.1ch)バーチャルサラウンドにできます。

音楽ライブ映画ドラマを圧巻の

226インチ+バーチャルサラウンドで見れます。

自分が持ってるヘッドホンを使える

3.5mmステレオミニプラグのヘッドホンを【3D オーディオ出力】で使えます。

VR ヘッドセットと干渉する形状の物は厳しいようです。

※ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)が付属するので持ってなくてもOKです

【ソーシャルスクリーン】機能で複数人でプレイ可能

テレビにVRの映像を出力する【ミラーリングモード

VR使用プレイヤーと異なる映像をテレビに出力して対戦、協力ができる【セパレートモード】があります。

コントローラーはDUALSHOCK®4でOK

ほぼ全てのソフトはDUALSHOCK®4(PS4の標準コントローラー)でOKです。

※一部ソフトはモーションコントローラー必須になります。

【PS VR】の設定

初期設定後はテレビなしでもプレイ可能

最初にテレビでPlayStation®Cameraの初期設定をします。

テレビ接続が前提ではありますがPSVR】とPlayStation®CameraPS本体だけでもプレイ可能です。

アップデート時にネットワーク接続が必要

システムソフトウェアをアップデートする必要があるります。

※ネットワーク接続ができない場合は【システムソフトウェアアップデートディスク400(税別)を買うことでアップデートで可能です。

対象年齢は12歳以上

12歳未満の子供は使用できません。

【PS VR】の まとめ

  • ゲーマーにとっては究極の【バーチャル体験型ゲーム】
  • 映画好きにとっては究極の家庭用【映画館】
  • 音楽好きにとっては究極の家庭用【ライブ会場】
  • 226インチのホームシアターに比べれば格安で手に入る

以上が、【PS VR】(PlayStation VR) の徹底解説になります。

関連記事